新宿で全身脱毛

脱毛をする際のジェルはお肌のダメージを防ぐ為にも必要!

今女性ばかりか男性の多くも行っているという脱毛。

しかし、脱毛サロンに行ったは良いけど肌荒れしてしまった、そんな事になってはせっかく脱毛しても悲しいですよね。

そこで、脱毛する際に大切なお肌を守るのがジェルなのです。

このジェルを使っていないサロンはほとんどなく、そのおかげで脱毛による肌トラブルはかなり軽減されています。

ではなぜジェルが必要なのかということですが、まず脱毛をする際にはレーザーや光など、お肌に刺激を与える事が必要不可欠になります。

お肌に刺激を与える事によって脱毛効果が現れるので、この刺激は避ける事が出来ないものです。

もちろん、脱毛を行ったから大ヤケドをしてしまったというような大きなトラブルはほとんどないと思いますが、敏感な肌の人は、脱毛が終わった後に肌が火照ってしまい、赤くなったり熱を持ってしまう可能性があります。

たまに軽いお肌が脱毛のレーザー熱に耐えられず、軽い火傷状態になってしまう事があるのですが、ジェルはそういった脱毛による火傷から救ってくれるのです。

火傷を防ぐという事は、必然的に痛みも軽減されるので、個人差はありますが、痛みを感じなくするためにもジェルは必要不可欠なのです。

また、脱毛サロンに使われるジェルには高い保湿効果があります。

どうしてもレーザーや光を使うと、身体から水分が失われてしまいます。

身体から水分が失われてしまうと、乾燥肌になりカサカサしたり、肌荒れが起こったり、粉を吹いてしまったりします。

なので、お肌の乾燥を防ぐためにもジェルが必要なのです。

どこの脱毛サロンでも火傷、痛み、保湿の三点を考慮してジェルを使っているところが多いと思いますが、中にはジェルの代わりにアイスノンを使ったり、べッドに冷却装置を付けているサロンもあります。

お肌の事をしっかりと考えているサロンであればある程、ジェルでのケアはしっかり行われていると思います。

サロンによって使っているジェルのメーカーなども異なるので、もし気になる方はまずサロンに問い合わせると良いでしょう。

脱毛とジェルの関係は切っても切り離せないものなのです。